>

集客において気を付けるポイント

派手な広告は好まれない

華やかに見せようと思って、たくさんのカラーを使って広告を作る人が見られます。
ですがカラーを使いすぎると、派手だと感じる人がいます。
それに文字が読みにくくなるので、広告を見ようという気持ちが無くなります。
派手な色を使うことは、タブーだと思ってください。
広告に興味を持ってもらうため、華やかにすることは良い心がけです。

ですがシンプルになることを意識して、広告を作ってください。
使うカラーは、多くても3色までにしましょう。
蛍光カラーや、原色は派手になりやすいです。
パステルカラーなら何色か使っても、シンプルかつ華やかに見えるので広告に向いています。
お客さんが見たいと思うような、広告を作れば集客効果が生まれます。

写真の選択が重要になる

広告に、写真を掲載しようと考えている人がいると思います。
文章だけより良いですが、お客さんに不快感を与える写真は絶対に使用しないでください。
汚い写真は、不愉快に感じるお客さんが多いです。
たとえば、バイ菌を無くす石鹸を宣伝するための広告を作ることがあると思います。
その時にバイ菌がたくさん繁殖している写真を使うのはいけません。

あまりにも汚いので、広告を見た人が嫌な気持ちになってしまいます。
バイ菌を除菌するというイメージを伝えたいのであれば、簡易化したイラストなどを使うのがおすすめです。
それなら汚さをあまり感じないので、不快感を与えません。
不快感を抱くと、商品や会社に対するイメージが悪くなってしまいます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る