>

メインターゲットをきちんと決めよう

失敗するケースを確認しよう

集客が失敗するのは、メインターゲットを決めていないからかもしれません。
全ての人を対象にすると、説明が大雑把になりがちです。
魅力を感じないので、お客さんは離れてしまうでしょう。
お客さんを集めるためには、メインターゲットを決めることがカギです。
すると何をピックアップして、宣伝すれば良いのか分かります。

子供にアピールする時と、主婦に向けてアピールする時は文体が変わります。
メインターゲットに合わせて、文章を作ってください。
子供がメインターゲットになっている場合は、難しい漢字や語句を使うのは禁止です。
広告を見ても理解できません。
理解しやすいようにひらがなを使ったり、漢字にはふりがなを付けると良いでしょう。

ホームページ制作の注意

ネットで集客をするのは、とても良い方法です。
ホームページを作る時は、いくつかの注意点があるので調べてください。
おもしろいコンテンツを搭載するのは良いですが、起動が重くならないように注意しましょう。
調べたい情報があるのにページが開かれるまで時間がかかると、お客さんはイライラします。
するとページが開かれる前に、諦めるかもしれません。

たくさんのコンテンツを搭載すると、ページが重くなる傾向が見られます。
本当に必要なコンテンツなのか、考えてから搭載しましょう。
また装飾を派手にすると、同じようにページが重くなります。
ホームページを作る時も、シンプルになることを意識すれば大丈夫でしょう。
ネットでの集客を成功させてください。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る